アップル税って何?最大30%だった手数料ルールが変わりました!

トレンドワード

アップル税ってご存じですか?
9月2日、この『アップル税』と言われるもののルールが変更されました。
消費者には直接かかわりのない『アップル税』
でも、この『アップル税』のルール変更によって、今までアプリで購入していた、電子書籍や音楽配信がリーズナブルのなるかもしれません‼

電子書籍を購入する場合

今までのルール!

 消 費 者 

  1. 電子書籍のアプリを選ぶ
  2. 電子書籍を購入
  3. 代金支払い
     ↓    アップル社決済システム 

 電子書籍の会社 

※アップル社決済システムを経由する際、15~30%の手数料が支払われる。
【この手数料がアップル税とも呼ばれている】

これからのルール

今回アップル社は、書籍閲覧や音楽配信アプリの一部で、アップルに手数料を支払わないシステムの導入を認めると発表しました。
アプリの開発業者が直接課金できるしくみの導入を認めたのです。
アプリ開発業者が、直接決済システムを導入することで、アップル社の決済システムを経由することなく決済ができるため、配信会社からアップル社に支払ってきた最大30%の手数料を支払わなくても済むようになります。

さいごに

日本ではこれまでのアップル社の決済方法は独禁法違反の疑いがあるとして公正取引委員会が2016年から調査していました。

日本の公正取引委員会に、アップル社から、音楽、動画配信や電子書籍閲覧などのリーダーアプリについて、アプリの開発者がアップルへの手数料“アップル税”を支払わなくて済む対応を取ると申し出がありました。
公正取引委員会は、今回のアップル社の判断は、消費者にもプラスになるものとし、この申し出を受け、独占禁止法違反の疑いで進めてきたアップルへの審査を終了する方針を発表しました。

今回の変更は電子書籍や音楽、動画などを配信するアプリ内で使うコンテンツが対象で、2022年に全世界で適用となります。

巨大IT企業・アップルの方針転換で、サービスや料金をめぐる競争が加速し、消費者の利便性が向上するかが今後の焦点であると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました